ムラカミ、ダヨ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムラカミ、ダヨ?

このブログはふぃくしょんです。

お金と幸せの答えってなんだ!?〜『億男』を読んだ感想〜【書評】

書評

f:id:yu8_muraka3:20160817184714j:plain

久々の投稿だzeeeeeeeee!
実は記事自体は書いてるんだけど、途中書きだったり、ボツにしようか迷ってたりで何だかんだ投稿できてなかった。けど、まぁゆっくりじっくり伸びてけばいいから書きたい時に書けばって感じだね

みんなはお金について考えたことある?僕は、自分なりにお金と少しは向き合ってきたつもりだし、『お金と幸せの答え』もなんとなく見つけていたつもりだった

けど、『億男』を読んで思った。つもりだったんだと。

まずは、億男について軽くあらすじを紹介するね。

 

 

億男

億男

 

 「お金と幸せの答えを教えてあげよう」
宝くじで3億円を当てた図書館司書の一男。
浮かれる間もなく不安に襲われた一男は「お金と幸せの答え」を求めて
大富豪となった親友・九十九のもとを15年ぶりに訪ねる。
だがその直後、九十九が失踪した―――。
ソクラテス、ドストエフスキー、アダム・スミス、チャップリン、福沢諭吉、
ジョン・ロックフェラー、ドナルド・トランプ、ビル・ゲイツ……
数々の偉人たちの言葉をくぐり抜け、
一男の30日間にわたるお金の冒険が始まる。
人間にとってお金とは何か?
「億男」になった一男にとっての幸せとは何か?
九十九が抱える秘密と「お金と幸せの答え」とは?

というのがAmazonに載ってるあらすじ。

もう少しだけあらすじを語ると、

主人公一男の親友である九十九が起業した会社にはあと3人の仲間がいて、失踪した九十九の居場所を探す目的で一男はその3人に順番に出会い、話を聞いていく。起業した会社は大手企業に買収をされ多額の現金を九十九含む4人は手にしてバラバラになる過去を抱えている。話を聞きに行くと、それぞれが大金を手に『お金と幸せの答え』と格闘しながら日々を送り、答えを見つけているようだった。が、どれも一男は完全には納得することはできない。最後は・・・

 

っとここまで!!

 

ストーリーの概略はこんな感じ!あんまりバラすと、なんか怖い人達にゴラァ!!って殴り込まれそうだし。。。ここからは、この文章の主題である『お金と幸せの答え』を作品に書かれる言葉と僕の言葉を交えて書いていきます。ちなみにネタバレ要素あるから、純粋に物語楽しみたい人は先に本読んでから読んでな。

 

お金と愛

1人目に出会ったのは十和子という女性。彼女は容姿に恵まれ、付き合う男性は裕福な人ばかりで次第にお金の魅力に取り憑かれる。そして、自分がお金のことを愛しすぎていると同時に、憎んでいることに気づく。同時に、男性に対しても同様だと思った。愛しすぎるゆえに、別れた時に極端にその男性のことが嫌いになる。お金を嫌えば嫌うほど、振幅が大きくなりお金からは逃れられなくなっていた。男を愛しているのか、お金を愛しているかもわからなくなる。最終的にはお金の呪縛から逃れるべく、、、



お金で愛は買えるか議論ってよくあるじゃないですか。で、世の大多数が買えないっていう認識だと思うんです。でも文章中にこんな十和子のセリフがあります。

 

”ほとんどの女にとってのお金って、自分のお金のことじゃないと思うんです。愛した男のお金なんだと思うんです。お金のあるなしは別として、自分が愛した男がどのくらいのお金を持っているかということを私たちは無視できない”

 

お金で愛を買えるとは言い切れないが、愛はお金にある程度支配されているという事実は存在するのかもしれません。無償の愛というのはまやかしだと。むしろお金に支配されない愛は愛と呼べないのではないかと。

更に言うと、メスって強いものに惹かれます。昔なら、腕力だったと思います。それを人間に変え、時代に合わせると権力だったり、お金だったりということになります。強いものに惹かれる特性を持つメス(ここでは女性)は、権力者やお金を持つものに惹かれます。だからお金で実は愛を買えてるのではないかと思ってます。

僕的に結論付けると、お金で愛は買えないが、お金で愛は買えている

 

になります。

要するに、行為としてお金で愛は買えないけど、構造としてお金で愛は買えるといった感じ!!お金で女性を口説くことは難しいけど、お金のあるところに女性が集まる構造は存在するということです。

んでお金に支配されるのは当然の事なので、「私はその男に惚れてるんじゃなくてお金に惚れてるんじゃないか」って女が心配するのも、お金持ちの男が「俺に寄ってくる女は俺じゃなくて、お金に惚れてる」って思うのも無駄じゃんって思う!だって、愛は当然お金に支配されてるんだしむしろ健全だと。ただ、その割合がお金の量が多い分大きいんだと。100%お金に支配されていなければいいんじゃないの?って思います。

まぁ、面と向かって「あなたのお金に99%惚れてて、あなたには1%だけ惚れてる」なんて言われたら



ぶん殴りますけどねぇ!!!


男も女もガンガン玉の輿狙ってこうぜええ!!!


あーあ!僕もヒモになれるもんならなりたいぜ!!逆玉逆玉ぁあああ!!

 

 

金には実体が無い

2人目に百瀬という賭け事に滅法強い男に出会う。そこで競馬の賭けを二度します。一度目は百瀬に借りた100万円を100倍の馬券を百瀬を通じて買って、見事的中させ一億円を手にします。そして二度目にその一億円を3倍の馬券を百瀬を通じて買って、失った3億円を取り戻すために賭けます。しかし、その馬券ははずれお金はゼロに。ところが、百瀬が衝撃の一言を放ちます。

”今日、最初からキミの馬券なんて一円も買うてへんのや”

”金はあくまでキミの頭の中で動いていただけや”

”今日、キミの頭の中で動いた金と、本物の金の違いなんてたいしてあらへんのや”

 


これは僕がお金について考えていた時に強く認識していたことです。お金は概念です。モノではない。


3人目に出会う千住という男は自己啓発セミナーを現在やっていました。そこで集まったセミナー参加者に一万円札を破かせるシーンが有ります。

このシーンは衝撃的だったと同時に本質を垣間見た気がします。
我々は、一万円札を始めお金をぞんざいに扱うことを躊躇します。お金を大切に扱うように教育されてそれを信じて疑わない。墓を蹴ることが出来ないのと同じように、お金を破くことは容易いことではないです。なぜならそこには信仰心があるから。でもお金の本質はその価値にあるわけで、紙にはその価値はありません。ポイントカードの紙って破けるでしょ?別に。商品券だって破けるでしょ?(もったいないけど)
でも、あれだって概念的に分類すればお金と同じじゃん。信用の元に価値が付与されてるわけだから。一万円札は破けなくて、一万円の商品券が破ける違いってなんなの?そこに別の信仰が混じってるんじゃないの?そんなん邪魔なだけだから辞めたほうがいいじゃん。


「お金って大したことない」

 

って感じた方が楽じゃん。意外とこれ重要なんじゃない?って思ったりする。上手く言葉に出来なくてもどかしいんだけど、お金なんて実体ないんだからあるうちにガンガン使っていけばいいし、お金は物質的価値が無いし、目的には成り得ないし手段として使い倒せばいいんじゃないか。お金はトコトン手段!!んーーー!!!難しいいいなぁあああ!!!まぁ、色んな考え方があるといいくらいの軽い気持ちで認識しとけばっ!!

 

じゃあ『お金と幸せの答え』とは?

僕は今、お金持ちじゃないので予想の範疇を超えることはないですが、やっぱりお金と幸せは強い関係があると思うし、それは悪いことじゃないと思います。お金で一定の幸せが享受できるのは揺るぎない事実でしょ。心が豊かなら良いとか、好きな仕事が出来ればお金いらないとか思ってた時期はあったけど、今考えるとクソ食らえだと思う。買いたいものを躊躇なく買えるという自由は偉大だし、余計な悩む時間も手間もなくなるからこんなに楽なことはない。

でもどうやらこの文章にも出てくるけど、人間は”何かを欲する”生き物で、生きるためには欲が不可欠らしい。これは凄く腑に落ちた。確かに食べたいもの、したいこと、好きな人、欲しいもの、これらがあるから生きる気力が湧くし、頑張れる。けど、金銭的自由を獲得するとこれらの欲しいものはほとんど手に入れられる。愛すら買える構造にいるんだから。これは人によってはヤバイなと思う。僕はお金持ちになるのは手段だと思ってるし欲深い人間だから、別に生きる気力を失わないと思うけど、お金持ちになりたい!って言うだけの人がお金持ちになっちゃったら欲を失いそうだなとは思うよね。


だから、僕の『お金と幸せの答え』はお金持ちになりたいだけの人以外はお金で幸せを手に入れられるっていうことですね。大事なのは、お金持ちになってからがちゃんと決まってることですね。さらにそれはお金で買えないものである必要がある。

お金持ちになってどうするかを明確にしておけば、お金持ちになっても幸せになれると思います!!

ということで僕はお金持ちになりますね!!!!!


なんか異様に真面目だったな今回wwたまにはいいよね〜

じゃあ気になった人は億男読んでみてね

 

 

億男

億男

 

 

以上だ!バイバイ!