#慶應生が #作る #考える

このブログはふぃくしょんです。

【1円!?】Amazonマーケットプレイスで恐ろしく激安に本を買って読む

f:id:yu8_muraka3:20160914014308j:plain

みんな本を買う時、どうしてる〜?

本屋に行って買う?
ブックオフに行って買う?
電子書籍で買う?

ちょっと前はAmazonでkindle本を買って読んでた。これが安く便利に本を読む方法だと思い込んでいた。kindleは今でも便利だと思うし、オススメだ。場所を選ばず、スマホでも気軽に読めるから、隙間時間も読めて本を読むスピードが上がる。
しかしkindleは若干安く売られているとはいえ、たくさん本を読もうと思ったらやっぱりお金がかかることに気付いてしまった。金がねえ。でも本が読みてえ。そんな飢えに苦しんでいた時だった!!



見つけてしまった!!!


そう、Amazonマーケットプレイスだ。

Amazonマーケットプレイスとは

AmazonマーケットプレイスってのはAmazonから直接買うんじゃなくてAmazonに出品している人から買うシステムのことなんだ。買う側としては特にAmazonから買う時と操作方法は変わらない。ありがてえええ。

PC版なら

f:id:yu8_muraka3:20160914041927p:plain

緑に囲まれたリンク先に進めば

f:id:yu8_muraka3:20160914042026p:plain


ずらーーーっと激安商品が並ぶ。

スマホ版だと

f:id:yu8_muraka3:20160914042132j:plain

この赤で囲まれたところをタップすると

f:id:yu8_muraka3:20160914042312j:plain


同じように商品がずらーーーっと並ぶ。

後は買う方法は普通にAmazonで買い物する時と同じです。簡単でしょ??



Amazonマーケットプレイスの最大の魅力は


安さ

 

だ。

中古品を扱っているため圧倒的に安い。そして状態もかなり良い物が揃っている。
本なんて中古でもさして問題ないものだと個人的には思っているし、ブックオフが普及してる状況を見ても、世の中の多くの人が本は中古で良いと思っているはずだ。そもそも図書館で本を読むのだって中古の本を読んでるのと変わらない。だったら、安い方を取るに決まっている。どのくらい安いかは後で述べるね。

配送料は本だと基本的には日本国内なら一律257円!!!
中には、「Amazon.co.jp が発送します」と書かれてるものもありその場合はAmazonから買った場合と同じサービスが提供される。プライム会員なら送料無料&お届日時指定など充実のサービスを受けられる。


次の魅力が



圧倒的安心感

 

 

だ。


Amazonマーケットプレイスには出品者を評価する仕組みが備わっている。そこで上位の出品者は95%以上の高い評価を得ている。こういう評価システムが備わっているものは基本的にサービスの質が物凄く高くなり安定する。Yahoo!オークションしかりUberしかり。さらに、商品の状態も明記されており変なものを掴まされる心配もない。当然、返品の制度も存在するのでいざという時でも安心だ。何回も利用しているが、どれもしっかりと梱包されており、迅速に届くし商品状態も良くて満足だ。

 

一体どのくらい安いのか

結局のところみんなが気になってるのはこの部分だよな。言うてもそんな安くならないだろ?と思ってるかもしれない。先に宣言しておく。恐ろしく安いぞと。こんなハードル上げて大丈夫かと心配になるよな。軽々越えて行くから安心して欲しい。

まずはこの本!!

f:id:yu8_muraka3:20160914035155p:plain

文庫本定価は576円、Kindle版は533円。
今までの俺ならこの40円ばかりの安さで満足してKindle版を買っていた。


ところがどっこい。真ん中の「単行本」と書かれたところを見てみて欲しい。

f:id:yu8_muraka3:20160914033025j:plain

 


¥1より

 

 

f:id:yu8_muraka3:20160914033303j:plain

 

1円だぞ1円!!!!

 

f:id:yu8_muraka3:20160914033451j:plain

実際には1円+257円(配送料)=258円になるが、驚愕の安さだ。そしてこの安さが一歩も動くこと無く家にいるだけで実現出来るのだから便利過ぎて呆れてしまうよな。

こんなの殆ど無い稀な例なんじゃねーの?って疑い深いそこの君!!!

もう一回度肝を抜いてやる

f:id:yu8_muraka3:20160914035411p:plain

単行本定価は1,404円、Kindle版だと1,099円。
充分安い!400円も安くなってる!これは買いだ!!!とポチろうと思うも!!!


救世主・マーケットプレイスが

 

「ちょっと待ったあああ!!!!」


と言った結果

 

f:id:yu8_muraka3:20160914034243p:plain

 

一円で買いました。

 

1円+257円=258円だ。1000円以上も安い。ラーメン一杯食べることが出来る。嬉しすぎるんだが!!!!ちなみにこの武道館面白いです。

 

一個前の画像では¥164よりってなってるんだけど、俺が買った時期には1円で出品されていて、買うことができた。このキャプチャは注文履歴をキャプチャした。
こうやって、マーケットプレイスは在庫が出品者が出さないかぎり生まれないから、欲しいと思ったら無くならないうちに迷わず購入した方がいい。



ただ!!!

安い商品って人気が無かったり、商品価値が低いんじゃないの?って疑問を浮かべる人も多いかもしれない。

むしろ逆だ。大衆に消費されるモノ+生産が簡単なものに関していえば、人気があればあるほど優れたものであればあるほど、無料に近づいていく。単純に流通量が多くなるからだ。だから、人気の本の方が1円の本が多いと思う。一番最初に貼った「奇跡のりんご」の本はベストセラー1位と書いてあるのが証明だろうな。

まとめ

Amazonマーケットプレイスがいかにヤバイ存在かがわかったと思います。
安すぎると。俺はあんまりブックオフで本を買ったことがないんでどのくらい安いかは知りませんが、この安さはブックオフと比較しても遜色ないレベルでしょうし、さらにいつでも、どこでもポチるだけで手に入れられるんだからこんな楽なことはないでしょう。

ぜひみんなもAmazonマーケットプレイスで1円で本を手に入れようぜ!!


バイバイ!