ムラカミ、ダヨ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムラカミ、ダヨ?

このブログはふぃくしょんです。

異様に腹立つモノの売り方1選

ネタ

こないだ、父親と焼き鳥屋に行ったんだよね。びっくりするくらい店内鶏ガラ(ガラガラ)だったんだけど、おいしい焼き鳥を食べ、お酒はなるべくペースを下げめで飲んでたんだ。父親はガブガブ生ビールばっか飲んでました。

 

父親が3杯くらい飲んでちょい酔っ払った辺りで、1人のお姉さんがやってきたんですよ。

 

格好としてはなんかもうヘソ出すわ、太もも出すわ、バブリーなレースクイーンといった感じで、とにかく世の中のオヤジが考えるスケベな女の模範解答でしたわ。女の子でも、女性でもなく女って感じの。

 

初めは「ご一緒していいですか?」的なパターンきたと思って「え、こんな展開あんの?焼き鳥屋だぜ?」「鳥食わずに女を食うか」と戸惑いつつ、「ワンチャンあるのか?」「親父とベッドはキツイな」と思いを巡らせていると「ウコン買って?」と言われ、見当違いだと判明しました。

 

ウンコを売りにくる女であれば、僕もある意味興奮も出来たし、ウンコの1つや2つ買うことくらいウンコマイスターの僕にとっては朝ウンコ前なわけですが、ウコンですからね。

 

「いらないいらない」って態度だったんですよ。

 

しかもウコンの値段は一袋二錠入って300円でしたから。おかしいですよね。怪しいですよね。ウンコでも練り込んであるんじゃねーの?って思うよね。

 

世の中の営業マンとか、モノを売る仕事の人たちの多くは、”真っ当な商品”を"真っ当な方法"で売ってるけど、なかなか売れないっていう現実で苦労してると思うんですね。

 

まぁ、正直僕は実態を知りませんから、「いや、余裕で売れるし」って感じかもしれないけど、そういう人たちは一定数はいると思うんですよ。

 

その一方で、たぶん適正じゃない二錠で300円の効くかどうかもわからないウコン売ろうとしてたからね。しかもエロで売ろうとしてたからね。それならお前のウンコの方がマシだよって肛門の辺りまで出掛かり寸止めしました。

 

特にムカついてるのは女の売り方なんですよ。エロを全面に押し出した。そしてその中途半端なエロ。中エロだよ。中エロ!

 

確かに僕は「使える武器は全て使うべき。手段は選ぶな」みたいなエキセントリックな思想で界隈でブイブイ言わせてますよ?

 

でもさ、これはちげぇんだわ。

 

「いや、顧客が満足して買ったんだからよくない?」

 

うっせー!満足して買ってよしならクーリングオフなんて無いからね。

 

でも確かに、その女と話せたということにお金を支払ってるっていう認識はあっていいし、本人が満足してればそれでいいんですが、

 

はたから見てると腹立ってしゃーないわけですわ。

 

父親の話を「あー、うん、え!すんごーい」ってキャバ嬢並に小一時間受け流しながら、なんで腹立つのかを考えていたんですけど、砂肝を頬張ってるときに閃きました。

 

どうやら僕の腹立ってる対象が違ったんですよね。僕が怒ってるのって女に対してではなく

 

ボス猿

 

に対してだったんですね。

ボス猿の何に腹が立つかって言うと、サービスが雑なんですよ。

 

ボス猿の顔が僕には見えちゃうんですよ。めっちゃ不細工ですよボス猿は。仮に温水だとしましょう。

 

温水は「酔っ払って判断能力鈍ってるオヤジたちに、若くてエロい格好した女で営業かければ値段設定がデタラメでもモノ売れるわ」

 

っていう考えだと思うんですけど、それが見え見えなんですよ。 おい、温水見えてんぞ。お前の頭皮見えてんぞ。しかもエロにセンスがない。ハゲってエロいんじゃねーのかよ。

 

百歩譲ってエロで売るのは許しますよ。もしかしたら温水にはガンで苦しむお母さんが居てお金に困ってるかもしれないんでね。多分発毛代でしょうけど。

 

もうちょっと上手くやれよ。って言いたいんすわ。その考えが見えた時点でこっちは萎えるんだわ。言っとくけど、レースクイーンとかなんも興奮しねぇから!ヘソ出しとか汚ねぇヘソ見えてるだけだから!てか、季節感合ってねぇから!サブっ!

 

男ならこの感覚分かるはずなんですよ。「見え過ぎたエロはナシ」なんてのは教科書に載るレベルで聞き飽きたセリフですよ。初めから裸のAVとか速攻でブラウザバックしますからね。

 

100万歩譲って最悪まだ、裸ならいい。けど、なにあの中エロ。犬に服着せるくらい意味分かんないからね。犬、毛生えてるから服いらねぇし。

 

あくまでもちょいエロ。小エロが多分一番良い。見えそうで見えないっていう。しかも温水の考えも見えない。頭皮も見えない。

 

だからそんなアホな方法を採用してる温水が男なわけがなく、オネエに違いないと僕は踏んでるんですよ。

 

男なら分かるはずなんですから。ちょいエロこそが至高であり、あんな奥ゆかしさのカケラもない女に魅力がないことくらい。だからそんなことすら分からない温水にめっちゃ腹立ってたんだけど、

 

 

買ったよね。

 

親父が買ったよ。

  

値下げ交渉してたわ。

 

なんなら2袋買ったわ。

 

渋々600円払ってたわ。

 

あー、はっずー。
 

どうやら腹立ってたのは目の前に座っている血族に対してで、「異様に腹立つモノの売り方1選」ではなく、「異様に腹立つモノの買い方1選」ということを訂正し、かつ買い物の原動力にエロを据えないことを推奨します。おしまい。

 

 

※一応父親の名誉の為に言っとくと、多分エロに目が眩んだわけではなく、その場の雰囲気を壊さない為だと思われまする。はい。多分。