#慶應生が #作る #考える

このブログはふぃくしょんです。

狩野英孝の「未成年と知らなかった」がホントなら怖いよね

狩野英孝が大変ですね。客観的事実だけを見れば決して肯定できる事ではないんでね、擁護するつもりもないですけども。

 

ちょっと同情してしまう自分がいるのは確かだし、狩野英孝の言う「22歳と言われてたのに」がホントなら怖えよなぁと思っちゃうよね。分かんないよ、街歩いててもさ、私服だとjkなのかそうじゃないのか。塾講師やってた時も「この子ホントに中学生?」ってくらい大人びた子居たもんね。革ジャンとか着ちゃってさ。革ジャン着られたら分かんないよ〜ズルいんだよ革ジャンは。革ジャン着るだけで大人っぽく見えるんだから。で、スゴイ顔整ってて綺麗だったからさ、「付き合って」って言われたら「付き合う!付き合う!」ってなるもんね。そんな展開来なかったけども。逆によかったよ。うん。よかったよかった(棒)未成年淫行でやられちゃうとこだったんだからさ。はぁ〜…

まぁ、全くロリ気質のない僕が「付き合えるな」って思えるくらい見た目は大人びてんだよね最近の中学生高校生は。中身はお子ちゃまだったけどさ笑。だから、きっと狩野英孝の相手の子も革ジャン着てたんだろうね。革ジャン着てたならしょうがないよ。許すしかないよ。分かんないだから。笑

でも、なんてったって1番スゴイのは加藤紗里ですよ。インタビューするマスコミもいやらしいよねぇ。でも見たい画ではあるから正しいんだろうなぁ。

加藤紗里、インタビューで泣いたんだってさ。スゴイよ。本当の涙なのかは知らないけど笑

インタビューした側も「よっしゃー」だし、加藤紗里も注目集まるし、強いよ加藤紗里は。ホントに。そこでちゃんとインタビューに応じるし、泣けるんだから。「もう私には関係ないんで」って言える所を、ね。売名売名言われてるけど、義理はあるんだなぁと思ったよ。

え?ただ、出たがりなだけだって?

万里あるね、加藤万里だよ(白目)。