#慶應生が #作る #考える

このブログはふぃくしょんです。

WBCのホームランボールをキャッチした少年を袋叩きにするのってどうなの?

WBC見てます?

回を重ねるごとに盛り下がっている感は否めませんが、なんだかんだ結果が気になるのが国際試合。侍もかっこいい。

日本は初戦のキューバ戦を見事に勝利で飾り、あっぱれ(張本ボイス)といった感じではないだろうか。(試合内容はさておき)

だが、試合こそ勝ったものの試合中にある事故が起こってしまいSNSは大荒れとなった。

 

そのある事故とは、ホームランになるはずだったボールを少年がキャッチしてしまい、ホームランが取り消されてしまうというものだ。

本来ホームランは柵越え・スタンドインすることによりホームランと認められる。そして今回山田選手が見事に柵越えをするボールを打ちホームランであったのにもかかわらず、ある少年がスタンドから身を乗り出し、スタンドよりも手前でボールをキャッチしてしまった。それにより、ボールがスタンドインしていないことと同義になってしまいホームランが無効になったというものだ。

※ニュース記事思わず捕球しちゃった…少年は涙目 上着を頭からかぶり観戦― スポニチ Sponichi Annex 野球

 

みんなが怒っているのは「ホームランになるはずだったのに、ホームランを取り消してんじゃねぇよ糞ガキ。しかも国際試合だぞ。さらにあろうことか、その取ったホームランボールを自慢してんじゃねぇよ。」といった点だ。

僕もこの指摘に関しては文句の付けようがない正論だと思う。ルールを知らなかったこともあるし、興奮すれば自分もしてしまう可能性は大きいためそこは考慮した方がよいが、この少年に落ち度があるのは揺るぎない事実だ。怒る気持ちは大いに分かるし選手からしたら堪ったものではないだろう。しかし僕が問題視しているのはやり方だ。こんなやり方選手が望んでいるはずがない。


ざっと僕のタイムラインに表示されたものだけでもこんな具合だ。

※修正

ツイートの拡散に協力してしまうとの指摘を受けツイートを消しました。内容としては顔写真を晒すもの、住所を特定するもの、学校を特定するものです。詳細は個々で確認下さい

 

 

どれも滅茶苦茶拡散されており、いずれも目にした時すごく気分が悪かった。なんでこんなに楽しんでいるのか理解できなかった。アニメアイコンはクソっていう暴論で締めたいくらい胸糞悪かった。

一体これの何が問題かというと、明らかに度が過ぎていることだ。別に冷静にこの少年の問題点を指摘するのは何ら問題ではないし、今後こういうことが起きないように周知させるのは必要なことだ。冷静な議論が展開されればスタンドの設計やルールの見直し、マナーの徹底など建設的な話が進むきっかけにもなる。


しかし、いずれのツイートもこの事象自体を問題視し議論を喚起させようというものではなく、少年を「晒してやろう」「叩かせよう」という意図が透けて見えて、ただただ遊び、おもちゃにするということに終始している。ツイートしている当人はこんな真面目に考えてなくて「リツイート伸びれば、いいね伸びれば最高」くらいにしか考えていないのだろうが、少年からしたら溜まったものじゃない。

いくら重大なミスを犯したとはいえ、犯罪でもなければまだ成人未満の未来ある少年だ。にもかかわらず、SNSで画像付きで煽る文言とともにツイートした挙句、学校や家の住所まで特定するのは度が過ぎてる。(実際に正しいのかは不明)

「明日から学校でいじめられないか心配(笑)」とかいうツイートもあるが、(笑)っている場合じゃない。これだけ拡散され大衆の目に晒されてしまった時点で集団リンチだし、学校でいじめられる何倍もの傷を負ってしまったに違いない。そしてこのリツイートした1万人のほぼ全てが普段は「いじめ良くない」とか言っているのを想像すると、いじめなんて無くならなくて当然だなと再確認する。ツイートした当人も残念だが、面白がってリツイートした人にも一定の責任がある。


「このクソガキはそれ相応のやらかしをしたんだよ。因果応報だよ。正論だろ。」という批判もあるかもしれない。

しかし、正論ならなにやっても許されるのだろうか。

他人の肖像権やプライバシーをお構いなしに侵害し、特定し、晒し、暴言を書き、馬鹿にし、煽る。正論ならいいだろう。

人を殺したわけでも、モノを盗んだわけでもない。けれど、最低最悪なミスをしたし、ムカつくから「死ね」の大合唱。正論ならいいだろう。

ルールの問題?スタンドの設計?アナウンス不足?知らねぇよ。全部知らなかったアイツが悪い。だから晒す。おもちゃにする。あぁ〜楽しwwww。正論ならいいだろう。


いいわけない。許されるわけない。



正義、正論という批判されようのない盾と匿名性によって守られた立場から一方的にプライバシーを侵害して、ネット上に晒しまくって良いはずがない。明らかにやった事と釣り合いが取れていないからだ。こんなやり方では社会的に抹殺されかねない。

また、そのお遊びで他人の人生を愉快的に踏みにじる行為に反吐がでる。

 

彼も1人の人間としてこれから先の長い人生を歩むのだ。そんな未来を誤解を恐れず敢えていうが、”この程度”のことで潰されるのは正常じゃない。

もちろん野球選手は日の丸を背負い、物凄いプレッシャーの中で戦っていて、一点を必死に取りに行き、必死に守り、入るはずの点が入らないなんて考えたくもないことは百も承知だ。僕はそんな試合を戦い抜く侍を誇りに思うし、尊敬する。だからといって、ファンがその絶対的正義を盾に少年を必要以上に叩くというのはあまりに残虐だし、無慈悲だ。


インターネットはかつて一定層しか持っていなかった発信力を大衆でも持てるようにした。誰でも情報を発信することが可能になり、可能性は大いに広がった。だが、それを使いこなせない人間が使うと瞬く間に発信力は凶器と化し人を傷つける。今回はまさに「愚者に拡声器を持たせてはいけない」の典型だろう。

僕はインターネットが大好きだ。可能性に満ち溢れるインターネットが大好きだ。だからこそ、こんな凶器のような使い方をしてほしくない。僕自身も過去にそういうことが全く無かったかと言われれば、あっただろうし反省しなければならない。昨今、炎上が相次ぐインターネット、今一度楽しいインターネットの使い方を見つめ直さなければならないと強く感じた一件だった。

 

(ただ、この主張も侍ジャパンが勝利したから言えることではあるので、改めて代表の選手には敬意を表すると共に感謝です)