「夫のちんぽが入らない」の読後はささやかな爽快感に包まれる

 

このツイートに僕の感想は集約されてしまうのだけれど、忘れないうちにもう少し深掘りして書き留めておこうと思う。フラットに本を読みたい人は読まないほうが良いかも。。

 


「夫のちんぽが入らない」は”主婦”であるこだまさんが筆者の、元々は文学フリマで即売した自伝短編を大幅に加筆修正したものだ。社会的な字面だけで追えば、極めて普通(半生は激的)の立場の方が書かれた作品だということもあって、良い意味で高尚じゃなく、どこか親しみやすさの漂うことから、衝撃の連続ながらその軽くて寄り添う文体によってスイスイと頭に入ってきて、一気に読めてしまった。

物語は大学生のボロアパートで出会った頃から始まり、「夫のちんぽが入らない」ことを中心に進む(この頃はまだ夫じゃない)。きっと多くの人はこの原因が夫のEDにあると想像してしまう(僕もそうだった)と思うが、冒頭でサラリと裏切られる。

病名なんて登場しないし、「そんな事があるの?」とその事実に戸惑ってしまうが、それでも淡々と物語は静かに進んでいく。

性を介在しない愛を受け入れようとしつつも、受け入れられず何度も挑戦するさま、オイルまで使って血潮にまみれるさまは悲哀とともに、「いいじゃんもう頑張らなくたって」とつい口出ししてしまいたくなる。僕が当事者ならそんなの無理なのに。

それでも彼女らは愛を育み、大学を卒業して職に就き、結婚する。至って普通のような人生を歩む。たった一点、夫のちんぽが入らないことを除いて。

それから少しずつ謎は解けていき、二人の間でのみ性交渉が出来ないと分かる。ここでまた思う。「そんな事があるの?」と。お互い他の人とは性交渉が出来るのに、二人の間だけ出来ない。

ここで気付くかもしれないが、浮気みたいなのもある。彼女の仕事(教員)が原因で精神的に不安定になったがゆえだと描写されている。ドロドロしたものではなく、なんかもうなし崩し的に仕方なくそうなってしまう、そんな浮気だ。「浮気みたいなの」と書いたのは、浮気って言葉が余りにも似つかわしくない程だからだ。なんか生きるために仕方なく、これないと死んじゃうんじゃと思っちゃうのだ。

ちんぽは入らないし、仕事も辛い、親からは子を産まないのかとプレッシャー。そりゃ、してしまうのも分かる。人間、弱っている時に最後に子孫を残さないと、ということで性交渉をすると言われるが、もう本当にそうなんだと思い知らされる。快楽にも浸れるし。


一方、夫は夫でやはり健全な成人男性であるから風俗なんかを利用する。そのポイントカードを彼女が見つけて「でも私が悪いしな…見なかったことにしよう」みたいに振る舞うシーンはチョットきつい。だけど、ここで夫が浮気していないというのは、性交渉ナシでも愛が成立することを教えてくれるし、「成立するんだぞ」みたいな意地を感じられて良い。想像だけど、夫は浮気にも気付いていただろうし。それでも「愛は成立するんだよ」って抗いながら、風俗には行くのは人間味が溢れ出ていて素敵。


こんなに素敵な夫婦なのに、神様はまだまだ残酷。彼女は病に蝕まれる。仕事もやめる。どんどん自堕落になっていく。夫が子どもを欲しがっているのを察知して、人工受精しようとするも、薬の関係で持病が悪化してしまい「いいよ、無理しなくて」とやめる。

彼女だけじゃなく、夫にも火の粉は降りかかる。自分の仕事哲学を貫く夫に職場は冷ややかで、夫もパニック障害で病んでしまう。

ただでさえ自己肯定感の低い彼女に追い打ちをかけるかの如く、次々と試練に見舞われるのは非常に読んでいて途中、辛くなった。

中でも親が夫の親に「子ども出来なくてすみません」と謝りに行くところなんて、思わずため息が漏れて胸が締め付けられる。


でも周りの変化が彼女を少しだけ前に進めていく。両親は謝罪で心が晴れ、年老いたこともあってか、丸くなり「いままでごめんね」と因縁のあった親と雪解け。

仕事の悩みの原因だった問題児が成長して、彼女を受け入れて頼ってくる。夫のパニック障害も何とか2人で乗り越えて、夫の仕事のサポートなんかもするようになる。

職場にもたまに復帰する。1ヶ月だけとかだけど。「1ヶ月と思えたら乗り越えられる」なんてのは、物凄くリアルで小さく歩みを前進させることを象徴してる。

そうやって周りの変化が彼女の背中をチョットだけ後押しして、ちょっとだけ自己肯定感を高める。

「子ども作ったら良いのに〜」という周囲の声にも、前だったら塞ぎ込んでしまうのに、受け流して心のなかで「ちんぽが入らないんです」とつぶやく。

だけれども、当の状況は何も変わらない。ちんぽは依然として入らないし、夫は風俗に行く。夫は彼女が気付いていることに気付いていないが。

その夫が気付いていることに気付いていない状況も「それでいいし気付かなくていい」と受け入れていく清々しいほどの諦めは、先の「見なかったことにしよう」とは異なる諦めで、痛快だ。

面白いのは、状況は変わっていないということだ。目の前に突きつけられる数々の現実に翻弄されて、壊れていってしまう中で、何とか踏ん張って「良いんだよね、これが私たち。」と意固地になるわけでもなく、極めて自然体で、少しずつありのままを受け入れられるようになっていくのを見ると、ささやかな爽快感に包まれる。

  

夫のちんぽが入らない

夫のちんぽが入らない