乃木坂46が面白い〜真夏の全国ツアー2017〜

f:id:yu8_muraka3:20171010162256j:plain

(新潟名物「タレカツ丼」。美味しゅうございました)

連休のうち二日間、新潟で乃木坂46のライブがあって、全3公演に参加してきた。


このツイートが1公演目の感想なんだけど、このうまく言語化出来ていないのが逆に物語るくらい、良いライブだった。どんな言葉を並べ立てても陳腐に感じてしまう。

しかしこの気持ちを忘れたくはないので、野暮ではあるが記録ついでにブログに公開したい。

 

確かに久しぶりのライブだったし、この夏初めての地方公演だったし、席は最前から2列目と条件は良かったけれど、そんなの関係ない程楽しかった。

これまでだって最前から2列目は何度かあったし、地方公演だってある。ライブは正確には分からないけど、ハマってから3年ほどで20回以上は行ってるけど、間違いなく1,2を争うほどに、

そうした諸条件関係なく"なんか"良かった。
沸く楽しさも醍醐味だけど、それよりも深い味わいのある楽しさだったように思う。

ほら、陳腐になるでしょ?笑


そもそも僕は、最近乃木坂熱が冷めていた。乃木坂にハマるきっかけの1つで、追い続ける理由の多くを占めていた橋本奈々未が卒業して、誰を焦点に追えば良いかが分からなくなったことや、最近の楽曲(主に表題)が個人的に微妙だったことがその理由。

また、欅坂46が面白過ぎるというのもある。

元々握手にあまり興味がない自分にとって、それらの要素の欠落は致命的で、あれ程好きだったはずのライブすらあまり楽しめなくなっていた。

もちろん自分のマンネリっていうのもあるんだけれど、なによりファンも含めて全てが予定通りでつまらなく映った。

やたら統一サイリウムをしたり、コールが適さない曲でもコールを入れたり、コールもワンパターン化していたり。タイアップという大人の事情でギガ200とかを毎公演入れてくる。ダブルアンコールもあって当たり前の状態。

ちょっとテンプレ過ぎない?

秋元康って予定調和を嫌うんじゃ?

と、もはや好きだったライブにすら懐疑的になっていた。

このライブを見るまで、東京ドーム公演を区切りに見るのをやめても良いかもしれないとすら思っていた。

だが、その考えは散る。新潟1日目の公演で。

OVERTUREが流れる。

この時はまだ「いつものやつね〜」って感じでルーティーンの如く声を出していた。

しかし次で一気に引き込まれる。


一曲目「逃げ水」


乃木坂46 『逃げ水』

 

曲自体は正直とくに好きではないし、むしろ「あぁ…」って感じだったけど(後述あり)、「こんなに美しかった」のかというくらい、スラリと伸びる手足、首、その細緻な造形に一気に持ってかれた。きっと振り付けがそれらを増幅させているのだろう。これまでも近くで見ることはあったけど、とても綺麗に見えた。

ステージのどこを見ても楽しくて、うっとりして、「逆にどこを見ればいいんだ…」と嬉しい悲鳴だった。

 

そこから「ガールズルール」「夏フリ」「太陽ノック」と夏曲が続いて一気に沸く。単純に楽しい。

そして何より、3期生の山下美月に目を奪われ続けた。

元々橋本奈々未が卒業して、一応誰かを追いながらの方が追いやすいみたいな理由で山下美月に興味は持っていたけど、全く熱心ではなかった。

だが、その弾けんばかりの躍動感に思わず目で追ってしまった。サイリウムカラーを山下美月にしていたからか、何度も凝視されて(勘違いの可能性は大w)、その目力にこちらが根負けしてしまったりもした。

その後も彼女を事あるごとに追っていた(追わされていた)が、そのダンスはイかれていた。ある意味。他のどのメンバーより髪を振り乱して、全力でキレッキレに踊るのは、上手い下手を超えて遠くからでも山下美月だと分かるものだった。

このコラムを読んだ後というのもその味わいに拍車を掛けた。

nogizaka-journal.com

実際、二日間の公演の際はそれなりに遠い席だったが、踊りで判別できた。これからが楽しみ。

「泣いたっていいじゃないか」はAメロがたまらなく好きになった。高山一実センターというのも引き立つ。ライブで曲を好きになるのはライブの楽しみの1つだね。

3期の曲「未来の答え」は偶然か必然か妙にチンチクリンな衣装や左上右上に引っ張られる踊りから溢れるあどけなさが、見ていて優しい気持ちにさせてくれる。また、メロディから初期の乃木坂を感じてしまうのは僕だけだろうか。MVのテイストも含めて。


乃木坂46『未来の答え』Short Ver.


そして、「ライブ神」。

MV2度くらい見て「うーん」と思ってたはずの曲だったが、ライブだと重低音が響き、リバーブもかかりまくってて滅茶苦茶にカッコよかった。ライブで映える曲、ライブ神である。

セカラバ、世界で一番孤独なLoverはもう期待通り。毎回ダンスパートが充実しているが、やっぱり今回がすごく良く感じた。ただ、ないものねだりではあるが、橋本奈々未がこの曲に居ないというのは物足りなさを感じずにはいられない。

「設定温度」は1期、2期、3期が揃った初の曲という演出がただでさえ素敵な曲に奥深さを与えてくれた。メロディも歌詞もこれ以上ないくらいに最高である。3rdアルバムで個人的に一番の良曲をもっと好きにさせてくれて感謝です。

ここからは、「君の名は希望」「ぐるぐるカーテン」「命は美しい」「バレッタ」と普通に聴いても素晴らしい楽曲が並ぶのだが、これらにアレンジを加えた上でシッティングでサイリウムなし、コールなしで鑑賞した。

このコーナーは今回のツアーの地方公演で行なっていたものだが、最高の試みだと思う。

以前から、友だちと「乃木坂はオールシッティングでコンサートを出来る」と話していて、まさにそれが少し実現した。

予定調和をものの見事にぶっ壊していてクールだった。

運営も、ライブ熱がトーンダウンしてしまうんじゃないかとよぎったはずだし、実際にテンションは下がっていた(これは仕方ない)けれど、満足度は高くて、オールシッティングでも見たくなった。きっと乃木坂にしか出来ない。


で、「あさひなぐプロジェクト」。これはノーコメント。笑
トップアイドルだししゃーないか()


ここから「Rewindあの日」「アンダー」「女は一人じゃ眠れない」と最近の中では一際際立つ曲が続く。「Rewindあの日は」これまでの乃木坂一期の少女と大人の狭間から一気に大人へと変化を遂げたと感じさせる、90年代っぽくて都会的で大好きな曲だが、案の定最高だった。ライブの中で一番ワクワクしていたかもしれない。

西野七瀬桜井玲香若月佑美と表現力豊かなメンバーから漂う色気は悶絶必至だった。


「アンダー」はその名の通りアンダー楽曲。大所帯グループのジレンマ、川後陽菜の「乃木坂さん」発言など、アンダーの彼女らは乃木坂46の一員ということを実感できていなかったりもする。歌詞もそんなアンダーを歌っているけど、その安直なまでの直接的な表現と彼女らの静かな気迫に自然と応援したくなる。

ドキュメンタリー仕立てのMVも必見だ。


乃木坂46『アンダー』Short Ver.

 

「女は一人じゃ眠れない」これもこのライブで好きになった楽曲。これだけ良いカップリングが揃ってる18th「逃げ水」なのに、表題が惜しいのは何とも勿体無い。それでもミリオン超えるから良いのかもしれないが。。。

(と思っていたのだが、なんだか少しよく聞こえるようになってしまった。単に単純接触を繰り返したからかもしれない。サビ以外はいい曲だと思える。サビが良いと思えないのは致命的だし、結局それまでという事ではあるんだけどね。)


制服のマネキン」は生駒里奈生田絵梨花不在で、フロント3人中2人がいなくて少々物足りなかったし、やっぱりこの2人は乃木坂に欠かせないと再認識する。楽しいは楽しかった。

本編ラストは「ひと夏の長さより」

これも逃げ水のカップリングだが、これ表題でも良いのでは?と思った。夏曲だから盛り上がる曲にしたんだろうけど。


そしてもう一つ棚ぼた的に良いなと思った出来事として、

三日目、ダブルアンコールが行われなかったことがある。新幹線の都合なのだろうが、これも良かった。ファンだから少しでも長く見たい気持ちは当然あるのだが、そう毎度毎度ダブルアンコールが起きてしまっては、それこそ予定調和だ。


ダラダラと書いてしまったが、筆舌に尽くしがたいほど良いライブで、2年前に戻った気分で嬉しくなる。


このライブでむやみな統一サイリウムや不用意なコール、タイアップが消えたわけではない。

でもそんなものを些末なことにするほどに、素敵なひとときであったことに疑いはない。

強烈なコンセプトを押し出す欅坂46の台頭、深川麻衣橋本奈々未といった支柱の喪失、3期加入といったグループとしての過渡期から吹っ切れようとしているかのようだった。

丁度2年前に「乃木坂らしさ」に直面していた彼女ら。今回のライブはこれまでの「乃木坂らしさ」を捨てない、だけど新たな円熟味を帯びるいまの彼女らにしかできない「乃木坂らしさ」を共存させようとする、彼女ららしい優しさに満ちた解決方法で次のステップへと登らんとしているのではないかと思った。

メンバーが口々にこのツアーで「乃木坂46がもっと好きになった」と言っていたのはそういうことなのではないかと思っている。

すでに中元日芽香伊藤万理華の卒業が決まり、まだまだ卒業者が相次ぎそうではある。でももう大丈夫。

乃木坂46が面白い。